舞城王太郎で図書館

私は、持っていないものを、欲する。

欲するものは、何でもよい。好ましいか、好ましくないか、には、拘泥しない。
欲しくなり得るものを探し、見つける。
見つければ、入手する。入手すれば、捨てられない。捨てられなければ、蓄積する。蓄積すれば、厚くなる。厚くなれば、高くなる。

そして、昇っていく。
昇っていって、行き着くのは、どこなのだろうか?

天国ではない。

であるならば、おそらくは、きっと---


---などと、意味のない空文を書いていてもしょうがない。
やはり、人生というのは、もっと、前向きに、ポジティブに、能動的に、積極的に、生きていくべきである。

ということで、頭に浮かぶことがある。以下、それについて。


最近、ずっと読んでいた本があった。
舞城王太郎『暗闇の中で子供』(講談社、2001.9)であって、例によって、講談社ノベルスである。

ノベルスというのは、元来、トラベルミステリーやら日本軍がやけに強い偽戦記(個人的に超巨大長距離戦略爆撃機の話を好んだ時期があった)やらファンタジーやらS.Fやらが多かったのであったのであって、読みやすさ、というのが、その仕様の基本だったと思う(もちろん、そうとも言えなかったりもするのだろうが・・・)。

しかし、舞城は、違う。
デビュー作の『煙か土か食い物』(講談社、2001.3)は、本の宣伝文句で、「前人未到のミステリーノワールを圧倒的な文圧で描ききった新世紀初の・・・」等と言われているように、はっきり言って異常な文圧である。私の場合、読んでいて窒息しそうになった。
私は、本屋で立ち読みして、そこに、くらっときた。ので、買ってみた。
ちなみに、「ミステリーノワール」というのが、どういうものなのかは、知らない。のだけれど、他のミステリーで、舞城のに似ているものは、見かけないので、きっと、そこには、何か、斬新な発想があったりしたのかもしれない。

さて、話は、『暗闇~』に戻る。

『暗闇~』は、一言で言えば、存在価値のない人間(=主人公)が身の回りで多発していく連続殺人事件に遭遇する、という物語である。

主人公は、確かに、良い所がない。
性格、悪い。何をやっても続かない。しかも、小説を書けなくなってしまった元ミステリー作家である。

その主人公は、自らの家族や、近所や、好きな人に降りかかってくる連続殺人事件にどう向き合うのだろうか。その文圧に苦しみながら、ほふく前進のように、読み進めていった。

私は、思っていた。
きっと、ダメ主人公も、最後の土壇場でふんばって、事件を、解決するのだろう、と。

だが、終わってみると、終わっていた。
あんまりな、結末だった。
私は、「ひどい!ひどすぎるぅ!!」と、悶え苦しんでしまった。
何だか、心の大事な部分をこそぎ落とされてしまったか、手足を切り落とされてしまったかのように、感じた。

だが、頭は、冷やすものである。

最終的に、ダメ主人公は、自分が生きている価値を見出し、人生に希望を見出すことが出来たのだから、冷静に考えてみれば、「ひどい!」等と言うのは、よくないのかもしれない。

きっと、『暗闇~』は、そういう小説だったのだろう。

ちなみに、『暗闇~』も『煙~』も、凄い文圧であるが、『煙~』は、もう少し、読みやすい。主人公の探偵役(『暗闇』のダメ主人公の弟)は、有能で、ちゃんと能動的に行動するし、敵も倒す。

私の間違いは、『暗闇~』は『煙~』のような小説なのだろうと決めつけて読み始めてしまったことにあったのだろう。

何事も、決めつけるのは、よくないのだ。


ということではあるのだが、結局の所、読後に出てくる感覚は、単純であった。

ここまで書いてきたこととは矛盾して反転してしまうのだけれども、やはり、私は、胸のすくような快活で素朴な物語を求めているらしい、というものである。

ああ、そんな「スカッ」とする小説、ないかなあ。

追伸:
私の出身大学の図書館は、卒業生ならば、結構比較的簡単に利用できるらしい。その手続きに、今日、行こうかと思った。だが、試験期間中で卒業生の入館は停止、と、ホームページに出ていたので、行く気がなくなった。というわけで、ブログを更新した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2006年07月16日 08:36
いつの間にかにブログ名とデザインが変わって
いましたね。K君のことですから、スカッとする
小説を読めば、あまりにすっきりしすぎてどう
も…という感想を書くのではと思ったりします。
いななき
2006年07月21日 00:52
>「スカッ」とする小説

読んでたっけ?
ハサミ
2006年07月21日 23:54
今なんだかすごそうなバロックな感じの本を読んでますよ!まだ途中だけど、生産的な内容だったらオススメしましょう。
2006年07月24日 20:55
>のりさん
わたしは薄味好きの健康志向人間なので、スカッ、っとするのが、大好きなんですよ?いや、ホントに。
>いななき君
もちろん読んでたよ?
ポーの『黒猫』とかね!
>ハサミさん
バロック?どんな本なんだろう??
何だか気になるなあ。
ありません
2011年12月25日 14:54
アルバイトはじめました+.(・∀・).+♂ http://www.64n.co/

この記事へのトラックバック