私は夏が嫌いだ

私は夏が嫌いだ。
とにかく、暑い。
薄着になっても、暑い。おそらく、裸になっても、暑い。
暑い。
やはり、暑いのは良くないと思う。

といっても、暑いのは、どうしようもない。
被害を如何に最小限に抑えるか、を考えればいいのだろう。

というわけで、さしあたり、「夏にどう走っておくか」を考えてみた。

ちなみに、去年は、夏はスピードを捨ててゆっくりとしたペースでとにかく長い距離を踏んでいこう、とした。
具体的には、秋以降のフルマラソンで良いタイムを出せるようになるために、一旦スピード練習は封印し、練習においては週末における長時間のLSDもしくは低速ロング走を重視することによって、徹底的に「スタミナ」を鍛えておこう、という発想だった。
もちろん、6月中旬から9月中旬まで、レース出走ゼロだった。

が、とくに目標を設定せずに、暑い中、長時間、ゆっくり、じっくり走る、というのは、とにかく辛かった。
結局、仕事が忙しくなったのを言い訳にして走る時間と距離を確保しなかったため、総力は落ちまくり、9月下旬ころには、出せるスピード&走り続けられる時間・距離が共に落ちてしまっていた。

そもそも、「フルマラソンで良いタイムを出」すために、「スタミナを鍛える」というのが、如何にも漠然としていた。
「9月末の時点にはキロ何分のペースで何キロを走れるようになっておく」とかいったような、具体的な目標を立てるべきだったのだ。
さらにいえば、フルマラソンで良いタイムを出すためには、スピードを捨ててはいけない様に思う。

そんなわけで、今年はどうしようか。
とりあえず、去年の経験からして、「暑い中、長時間、ゆっくり、じっくり走る」のは、辛くてつまんなくてやになる、ということが分かりきっているので、スピードの維持(可能ならば向上)を重視することにした。

具体的には、7月・8月・9月にハーフマラソンを一本ずつ走るようにし、そのすべてを1時間30分程度で走る、というのを、「スピードの維持」が出来ているかどうかを判断する一応のボーダーラインとする。
これは、5月に気温25℃オーバー&後半に強い向かい風の中で急な登りがあるコースのハーフを1時間26分台で走れていたし、先々週に10kmTTを38分44秒で走れていたので、ある程度気温が高くなっても不可能ではないタイム設定のつもりではある。(・・・キツイか???ちなみにハーフのベストは1時間24分台ではある。)

ならば、練習は、週末に10kmTT(40分を切る程度のペース)、20kmTT(1時間25分を切る程度のペース)、LSD210分、をそれぞれ一ヶ月間に一度ずつやるようにすれば、間違いなくボーダーラインをクリアできるだろう。
ちなみに、この場合、平日の練習は、週末に走る練習とハーフに向けての調整として週に3日~4日10km程度のジョギングをすればよいはずだ、ということになる。

というわけで、

7月3日 北信州ハーフマラソン
8月21日 山日YBS富士吉田火祭りロードレース

にとりあえずエントリーした。
「山日YBS富士吉田火祭りロードレース」は難コースらしいので、これをクリアできるかどうかがヤマになるだろう。

尚、9月のハーフは、現時点では日帰りで参加できそうなのが、9/23南房総市ロードレース千倉と9/25越後湯沢秋桜ハーフマラソン位しか見つけれていないので、もう少し様子を見るつもりである。(もう少し交通の便がよいところがいいなあ。。。)

以上、つらつらと書いたが、計画通りに走っておけば、気温が落ちて走りやすくなる10月には、フルマラソンに向けての走りこみなり、ハーフのベスト更新なり、をすぐにできる状態になっているはずだ。


追伸。
日常、とても、良いと思う。
とにかく、なのがかわいい。
とりあえず、ネジをまいてみたい。
・・・まき過ぎるのは、やはりまずいのだろうが。。。。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のり
2011年06月12日 19:20
お久しぶりです。

すごいですね!ずっと走り続けるなんて!

そうそう、シュタゲのルカは女の子になりましたよ!
K
2011年06月16日 10:23
>のりさん
途中で挫折するかもしれませんが、嫌にならない程度には走っておこうと思います。

ルカが?
なんとぉっ!?

この記事へのトラックバック