なんとかしないと。

 今週末(5/9)のEKIDENカーニバルにマラソンさんの”つて”で出ることになっていた。  走る区間は1km。  私は遅いが、エリートランナーが出場する大会ではないので、市民ランナーの速い人に混じっても1kmなら冗談ですむだろう。(3分30をなんとか切れば、区間上位の人と30秒は差がつかないか?)  ・・・と、余裕綽々で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホリックだねぇ、これは。

 掛川新茶マラソンで、やっちまいました。。。。  何となく速いように感じるも走れなくはないペースで走っていったら、完全にオーバーペース。  15kmでちょっとおかしいくらい汗をかいているのに気付き、20kmで脚の動きが急に鈍くなり、25kmで歩き出し、28kmで歩くことさえ困難になり、脚を引きずりながら30km関門に辿り着いて、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

暴風 - 荒川の顛末

本日未明4時30分。 何かが破壊された炸裂音が響き渡り、私を強制的に起床させた。 一番に聞こえてきたのは、異常な暴風の音と、  ガン!!ガン!!ガン!!! と、どこかでドアがたたきつけられる炸裂音。 どうやら、自分の部屋のドアではないようなので、とりあえずは一安心だが、これは一体・・・? 恐る恐る、玄関のドアを開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒川マラソンまでの最後の一週間

とうとう荒川マラソンまで一週間を切った。 調子は微妙。 感覚的には、2月の中旬(赤羽ハーフマラソンの一週間前)位が最も調子がよかったような気がしている。。。(20Kを1時間30分ちょいで走れた) といっても、もう今更何もすることはない。 あとは、疲労をうまく抜きつつ、天候がよくなるのを祈るのみだろう。 ちなみに、ペース配分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一回東京・赤羽ハーフマラソンを走ってみました。。。

 思うに、いきなりフルマラソンというのは、いかにも無謀だ。  ということで、昨日(2/20)、第一回東京・赤羽ハーフマラソンに参加してみた。  ちなみに、直前一週間は練習を軽めにし、うまく疲労をぬくようにし、前日はアルコールは我慢し、早く寝るようにした。  ・・・のだが、何故か当日起きたのは8:00。受付は9:00なので、ギリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30kmでくたくた

 マラソンさん(=私をマラソンに誘ってくださった方)のアドバイスによると、フルマラソンを走るなら30kmを練習で走っておいた方がよいらしい。  ということで、土曜日(つまり今日)走ってみることにした。  というわけで、今週は平日は軽くジョギングをする程度にして、疲労を抜くように練習を軽めにし、30kmにそなえた。  そして、今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1月17日 引越し + 40分ジョグ(?km)

 引越しました。  今までのアパートは駅から徒歩0分と、立地はよかったのですが、狭い上に窓を開けると壁という実質日照時間0分という日当たりの悪さがもういやになったので。  今度のは、とにかく日当たりがよい。  また、駅からも徒歩約5・6分なので、まあ、いいかなという感じだ。  ただ、引越先は4階で階段。。。  私の荷物は本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月15日 10km

 1月15日夜、荒川沿いを10km走った。  家から河川敷のスタート地点に決めた所まではウォーキング→ジョグで移動し、体を温めようと思ったが、寒すぎて温まらない。  なので、10kmを走り出す前に、全力疾走の7割程度のスピードで約100mを4本流したが、やはり体は温まらない。  が、これ以上アップをするのも面倒なので、スタート。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月13日 20km

 昨日は先週金曜の会社~蕨~池袋の疲労が抜けたので、夜、荒川の河川敷のサイクリングコースを20km走ってみることにした。  荒川の河川敷は距離表示があるので、ラップを計測しつつ走ることにした。  ペースは、最初はゆっくりと1kmを6分ほどで入り、少しずつ上げていき、最後は1km5分を切る、という感じで走ることにした。  ビルドアッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1月10日 10km走

 マラソン挑戦を始めて4ヶ月。  先週の金曜日に同僚のマラソンに誘ってくださった方(以後”マラソンさん”と表記)と一緒に会社から京浜東北線の蕨駅を経由して池袋まで走った時にアドバイスを頂いた。    「そのシューズだと42kmはキツイかも知れないですねえ。それにシューズをランニング用のにするとタイムも10kmで3~4分違ってきます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引越しマラソンと獣の奏者とアバター

 ひさしぶりに自分のブログを開いてみた。  まだ、消えていなかった。  何ヶ月も放置しても消去されていなかったことに驚きつつ、何となく、更新してみることにした。  ということで、近況。  まず、とうとう決めた引越しについて。  引越し先は、賃貸マンション。  駅からは徒歩5分。  4階建の4階の角部屋で、日当たり良…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

社内旅行と人類の衰退

 社内旅行に行った。  結果、私は、もうだめになってしまった。    疲れてしまった。  いやになってしまった。  どうでもよくなってしまった。    そう、すっかり衰退してしまったのだ。  とはいっても、思うに、社内旅行のみがこうなってしまった原因ではない。  社内旅行は、破綻に近接していた私にトドメを刺した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

眉村卓『司政官 全短編』(創元SF文庫、2008)

 眉村卓なる作家の『司政官 全短編』とかいうものを読んだ。  内容は近未来SF。  宇宙の開拓星を統治する代々の各地の”司政官”なる存在を題材とした連作短編をまとめた一冊である。  ただし、星々の海を舞台に帝国と同盟が大艦隊同士で戦ったりするようなものではなく、何だか、植民地に派遣された肩書きだけは立派だがほとんど実力を待…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マシュマロ

何だか、まるくて、やわらかく、それでいてあまいもの、が欲しくなった。 というわけで、今日、会社に来る途中、家から10秒の位置にあるコンビニでマシュマロを3袋ほど、買った。 結果、今日の食事は、それぞれ、マシュマロ一袋ずつ、と、一緒にかったオレンジジュース(500mlパック)×3ということになった。 これで、24時間戦える、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

げつげつかーすいもくきんきん

とにかく、仕事が終わらない。 気が付いたら、一ヶ月間、土日も出勤し続けていて、休めていない。 この前、休めたのは、いつだったか。 最近の帰宅時間はほぼ日付が変わってからだが、定時とはいかなくとも夜の9時くらいには帰れていたのはいつごろまでだったか。 おそらくは、イギリス帰りの同級生が学生時代の先輩の所に泊まったのに顔…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏休み

 夏休みになったので、帰省した。  ここで、問題となったのは、帰省の交通手段の選択である。  順当に考えれば、最も無難かつ妥当で、多くの人が選択するであろうそれは、新幹線である。  普通、新幹線で帰るものだ。  まず、速い。  おそらく、わが巣穴であるアパートから実家まで、新幹線を利用すれば、凡そ3時間弱で行ける。  私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寿命

 6年間使っていたパソコンが、壊れた。  挙動が怪しくなっていたので、そろそろかなー、と思っていたのだが、呆気なく、ぽっくりと御臨終なさった。  まあ、スペックなどからすると、未だに使用されていたのが不思議なくらいの機体であったが、むう、まあ、よくもったということなのだろう。  ということで、パソコンを新しく買った。  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

脚、腫れる

朝、覚醒したら、何だか、足が痛かった。 上半身を起し、布団をめくり上げると、紅かった。 ふしぎなことに、脛、丁度、ひざ下4センチ程の所が、ざっくりと切れていた。 そこに触れていたであろう、掛け布団と、敷布団は、血が染み込んでいる。 シーツとカバーは洗濯すればいいが、中に染み込んだ分はどうにもならないな、と思う。 そ…
トラックバック:5
コメント:3

続きを読むread more

映画版『ハサミ男』DVD

 この前、映画版『ハサミ男』DVDを近所のレンタル店の「特価販売コーナー」で発見したので、入手した。    この映画は、私が少しだけ好きなような気もしないでもない小説である殊能将之『ハサミ男」 (講談社、1999)を映画化したものである。  ちなみに、上映当時には、私は、本作を見には行かなかった。理由は特にないが、そんなに見に行き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

現代美術

 先日、知人と、美術館に行った。  行ったのは、東京都現代美術館のオスカール大岩展「夢見る世界」(http://www.oscar-oiwa-mot.com/)。ブラジル生まれの日系人の画家である大岩・オスカール氏の個展である。  氏は、ブラジルで生まれた後、東京、ニューヨークと移り住みながら画家としてのキャリアを積み上げて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more