奇跡の復活 -2012勝田全国マラソン

今日、1/29、勝田全国マラソンを走ってきた。

常磐線の特急の指定席券を取れていれば、朝はある程度ゆっくりとできたのだが、1ヶ月前位の所で指定席はすでに売れ切れてしまっていて、入手できず。
去年、特急の自由席で立ちっぱなしで辛い思いをしたので、速い時間の普通電車で座って行くことにした。

というわけで、朝は4時に起床。
のろのろと準備をして5時ごろにアパートを出発。
常磐線に座った所で、二度寝し、8時ごろに勝田に到着。

その後は、しばらくゴロゴロしながら時間を潰し、スタート1時間前位に荷物を預け、スタート40分前位に着替えてトイレをすませてからスタートラインへ。

だが、この「40分前」というのが、少し早すぎた。
40分前に移動したのは、去年15分位前にスタートラインに向ったら、すでに人がいっぱいでかなり後方に並ぶことになり、スタートのロスが大きくなってしまったため、今年はできるだけ前に並びたかったからだったのだが、40分間待っていたら、寒さで体が完全に冷えてしまい、震えが止まらなくなってしまった。
固まってしまった感じ。

それにしても、勝田の会場の雰囲気は、大会の歌「君よ勝田の風になれ」にしても、おじさんのアナウンスにしても何だかレトロというかなんというか、昭和初期っぽい。60回続いている大会だというのは、伊達ではない。

そんなこんなで、「やばいなあ・・・」と思いつつ、10時30分にスタート。
練習の感じからして、大田原のようにはいかなそうだったので、今回の目標は3時間10分切りくらいではあった。

スタート直後は、人混みで走れず歩く感じ。スタートラインまでは、今年は1分ほどかかった。(ちなみに去年は5分だった)

無理に人を抜いて行かず、余裕を感じながら走る様に心がける。
・・・も、1・2km走った所で、明らかに調子が悪いということが、わかった。
とにかく、脚が重いというか、早くも疲れがでてくる感じ。
「おかしいなあ」と思いながらも走っていって、5kmの通過は22'44。スタートのロスからすると意外に速すぎたっぽい。

そこで、ペースを少しずつ抑えていこうとするも、何だか、6kmくらいで早くも脚が攣りそうになってしまった。
どんどんペースを落とす、というよりもペースが落ちていって、10km通過は44'02。
・・・この5kmのラップは21'17?
ペースが落ちた筈なのに、速く走ってしまっている感じ。
何だか、体が思い通りに動かない。

と、10kmを過ぎた直後に何だか脚の攣りそうな感じが急に悪化。
酷く痛む感じで、ここで、完全に失速。
・・・おそらく、寒さで脚が固まっていた状態で走り出したせいで、動きが悪くなり、脚に一気に乳酸がたまってしまったのだろう。

この状態で、残り30km以上。
こりゃあ、無理だ。
というわけで、11km地点の給水所で係員の人に「リタイアしたいんですが・・・」と声をかけた。

「じゃあ、そこでしばらく待ってて。」とおじさん。
「いやあ、まだ10kmなのに、何だか脚が急に攣りそうになってしまって。。。。痛みも出てきてしまったんで駄目かなと。こんなことなんて初めてですよ」と私。
「ああ、彼もそうなんですよ」とおじさん。
見ると、とても速そうな人が、脚をさすりながら座っている。
「今日は寒いから、脚が冷えて固まっちゃったんですねえ」とおじさん。
「回収車が来るのっていつですか?」と速そうな人。
「う~ん。それが、わからないんだよねえ・・・。最悪の場合、帰れるのは4、5時間後になるかもしれないよ?」とおじさん。

・・・。
何?
この寒風の中を、半袖&短パンで4時間以上我慢する?
そう言われてみれば、そうなるのだろうが・・・。
むりだーべ。

どうするか?
スタート地点までの10km以上を逆走して帰ろうかとも思ったが、それは何だか辛そうだった。
途中で動けなくなると、係員の目の届かないところで立ち往生することになりそうだったし。

というわけで、「ずっとじっと座って待ってるのも寒くてつらいんで、ゆっくりあと5kmか10km位行ってからリタイアするようにします」とおじさんに言って、もう一度走り出すことにした。
ちなみに、立ち止まっていたのは6分くらい。

ペースはスロージョグ。とにかく楽に走れるスピードで。
一旦休んだのが良かったのか、ゆっくり走る分には攣りそうにはならず、痛みも感じなくなっていた。
日差しが出てきて温かくなってきたこともあって、15kmを過ぎたくらいから体の動きも良くなってきた。
何だか、快調な感じ。
それでも、抑えて走って行って、20kmを通過。

20kmの通過は1:42'02。
意外と速く通過できたので、何だか、闘志が湧いてきた。
ペースも自然に上がってきた。

ハーフ通過は、1:46'45。
ほぼキロ5分で走ってきたような通過タイム。
そう思うと、ここから頑張ればいいタイムがでるような気がしてきた。

無性に、スピードアップしたくなった。

ということで、「ここからハーフマラソンをスタートということにしよう!」ということで、強気にスピードアップ。
脚は完全に回復していた。
もう、何だか、絶好調な感じ。

「ひゃっほーい!」という感じで、廻りの人より1kmで1分速いようなスピードで走り抜けていく。
という感じで駆け抜けて、25km通過は2:02'21。5kmのラップは20'19。

それにしても、勝田は沿道の私設エイドが豊富だ。
私は15km以降、チョコやら飴やらバナナやらをいただきまくった。
マラソン大会が町の人に完全になじんでいるのだろう。
ありがたいことだ。

そんなこんなで、食べまくりながらで、30kmの通過は2:22'36。
5kmのラップは20'15。
完全に復調。

30kmを過ぎると、流石に疲れてきたが、そこからはリズムを守ってしっかりピッチを刻むイメージで走った。
もちろん、私設エイドでチョコなどをおいしく頂きながらで。

そういう感じで、35kmを通過。通過タイムは2:43'14。5kmのラップは20'38。

そこからは、脚の疲労による痛みがでてきたが、これはあと7kmだと思えば、耐えられた。
とにかくリズムを意識してピッチを維持することだけを考えて走った。

で、40kmの通過は3:04'36。5kmのラップは21'22。

40kmを過ぎると流石にペースは落ちたが、それでも粘って走れた。
最後の2.195kmはとにかく長く感じたが、ひどく失速することもなく、フィニッシュ地点に帰ってこれた。

最後はグリコのキャラメルのポーズでフィニッシュ。
タイムは、3:14'**(グロス)。

最後の2.195は10分を切っていた様だ。もっと落ちていたと思ったのだが・・・。

とにかく、無事(?)にフィニッシュできてよかった。
結果論からすると、11kmの辺りで一旦休んだのがよかったのかな?

それにしても、マラソンというと暑さが最大の敵のように思っていたが、寒いのもキツイということを思い知った。
思うに、アップが少なすぎたのだろう。
「寒さ対策というのも大事なんだなあ」、と一つ勉強させられた。

まあ、今回の勝田はちょっと前に書いていたように、そもそも練習のつもりで走る予定だったのだから、これで良かったのだろう。

ちなみに、後半のハーフは、1:27'45だったようだ・・・。


追伸:勝田の会場は売店が豊富だった。私はラーメンをいただいた。マラソン会場にラーメン。珍しいように感じたが、どうなのだろうか?あと、無料で配られていた甘酒はおいしかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック